​ストーリー

フロシキハワイができるまで

2020年のコロナパンデミックを境に世界は激変。
ハワイも大きな変化を余儀なくされ、弊社もその困難を経て今にいたっています。

2020年3月のハワイ

2020年3月は忘れられない日となりました。新型コロナウイルスの影響については、2019年12月頃の段階では噂は流れていたものの、対岸の火事のようなもので、日本からの観光客もほぼ前年と変わらずに来ており、ハワイの影響はまだまだといった感じでゆっくりしていました。

アメリカ本土からの人は、日本人含めたアジア人を差別的な目で見るようなことも起きていましたが、それでもハワイでの感染者数は少なかったため、誰もそこまで心配はしていなかったのが2月。

ところが3月に入り突然、ロックダウンというアナウンスが流れ、3月18日からは強制的にエッセンシャルビジネス以外のお店は閉じなくてはならない、という流れに。

レンタル衣装を営んでいたムームーレインボーはもちろんエッセンシャルビジネスにはならないので、締めないとならないということに。

この時に、開けているお店も悩みながら開けている、という状況で、とても複雑な気持ちとなりました。


事業をしているので当然賃料を払わないとならないので、売り上げを上げたいと思うのが経営者ではあるもの。とはいっても、従業員の安全なども思うを開けていいものか、、、と悩み、また、無理に開けても、見つかれば罰金が科せられるといったこともあり、周りの経営者の判断を見ていて、色々なタイプがいるものだとつくづく思いました。


今となっては、どちらが正しいというより、どちらも正しいのではないかと思います。

さて、結婚式参列の方へ向けた衣装レンタルをしているムームーレインボーでは、

次々に送られてくる予約キャンセルの通知に合わせてどのようにロックダウンに対応するべきなのか、従業員への対応はどうすればいいのか、といったことですごくあわただしい週となりました。


アメリカ政府からはPPPといった支援金が出るのでその準備に追われたり、またその内容の確認を調べたりといったことで毎日が目まぐるしく変わる日でした。


今日できたことが次の日には禁止、といった今迄に経験したことのない日々が続きました。

さて、ムームーレインボーはその後どうかじ取りをしていくのでしょうか。

royalhawaiian.jpg

2020年4月の転機

ムームーレインボー 始まって以来の危機

ハワイではロックダウンになって2週間が過ぎたころ、ローカルの生地屋さんでは行列ができて、マスクがない!一体どうしたらいいのか、といった声が方々から聞こえるようになってきました。

それを受けて、ハワイ政府はすぐに「生地の販売はエッセンシャルビジネスに該当する」とガイドラインを変更し、ニュースに流れました。それを見ていた私はすぐに、「これを今やるしかない!」と思い、すぐに従業員へ打診。今までの古着や余った布をローカルの方へ無料で配れないか、ということですぐにボランティアを募りました。

ハワイではファブリックマートという生地やさんが一番大きく、連日行列ができ、ゴムが買えない、といったことや綿生地がない、といったようなことを耳にしました。

ムームーレインボーでは余った布をマスクが作れるサイズに切って、マスクのパターンをコピーし、一つ一つ梱包をして街中で無料で配布することにしました。無料で配るにも衛生上の問題や人が集まってしまっては困るということでしたが、日本食スーパーのニジヤさんでは快くご協力をしてください、メインはニジヤさんでの配布などをさせていただきました。

​お客様からは無料でいただけるなんて嬉しい、無料のマスクキットはどこでもらえるのか?といったお問い合わせもいただき、その時にできることに注力して対応をいたしました。

IMG_0389.JPG
 

2020年7月

ハワイアン生地ショップとしての取り組み

最初は生地を無料配布しておりましたが、それならば余っている生地を販売してみてはどうか、ということで、4月から続けて生地のオンライン販売もスタートしました。最初今まで通り日本のお客様から購入していただけるのかと思っておりましたら、アメリカ本土からの注文が入ってくるようになりました。従業員もなるべく安全を確保しながらシフトを組み、オンライン対応を進め、今までになかったアメリカのお客様達のビジネスへと転換していきました。

コロナの中での営業でしたので、色々と大変なこともありました。それでもアメリカ人のお客様たちが高くレビューをしてくださったり、暖かいメッセージを送ってくださったりととても大きな励みとなりました。

ハワイアン生地の専門店といことでファブリックハワイ​という名前でオンラインを中心に新たな事業を進める運びとなりました。家賃をギリギリカバーできるくらいではありましたが、何よりもお客様たちから励まされることでとても充足して事業をすることができました。本当に感謝です。

ハワイアン生地
 

2020年12月

コロナ発生の年の振り返り

2020年は大変な時期であありましたが、今までにあまり関われていなかったアメリカ本土のお客様との出会いや、アメリカの文化をより深く理解するきっかけともなる1年でした。大変ではあったもののとても充実した1年がおくれたと思って満足をしておりました。

Elbow Greetings
 

2021年1月~3月

​第二波

2021年、新たな都市を迎えて新規一転をと願っていたところにニュースが入ってきました。日本では第二波のコロナが発生ということでさらに状況が悪化する気配を感じました。
正直、もうそろそろ1年が経とうとしているのに、事業は持続できるのか?と不安になる毎日でした。これを受けて、今年どうしていくことが必要なのか、という決断が迫られました。
それまで借りていた店舗も縮小をして新しい事業に本格的に取り掛からないと間に合わない、という危機感がありました。
ですが、一体どの事業を手がけていくべきなのか、悩み続ける日が続きました。
それに追い打ちをかけるように、アメリカではワクチン接種がどんどん進み、マスクはもう不要ということになりました。今までのハワイアン生地の売上は前年から半分〜5分の1に減ってしまい、これからどうしていくのかをまた考えないとならない状況となりました。

Working on Math Problems
 

2021年6月現在

コロナ後2回目のチャレンジ

それまで抱えていたムームーレインボー のレンタルショップは5分の1に縮小をし、オンラインでどうにか凌げる方法を模索することにシフトしました。

ハワイアン生地を生かして作れるものを色々試して事業を起こしてみよう、ということでこの風呂敷ハワイがスタートいたしました。

こちらもまだスタート段階です。ですがより多くの方にハワイを気軽に楽しんでいただきたいという思いから、風呂敷というものにして、これであれば誰でも作りやすくそして誰にでも使ってもらえる実用品だと思っております。

​日本の方、そして日本以外の方々にも日本とハワイの文化を伝えるきっかけになる商品、サービスを目指してまいります。

ハワイアン風呂敷