4-furoshiki_edited_edited.jpg

商品こだわりポイント

どこでも、誰でも、気軽にハワイ

こだわり 其の1

環境への意識向上・3つのR

こだわり 其の2

世界に誇る文化の発信

こだわり 其の3

どこでも、誰でも使えるハワイ

​誰でも、いつでも使える、エコな商品

お土産を渡すとき、プレゼントを渡すとき、包装紙が無駄だと感じたことはありませんか?どうせ破り捨てられるものなのに、なぜ買わないといけないのだろうか、と。。。

2020年の新型コロナの影響を受け、これからはもっと環境や人にフォーカスしていく事業展開をしていきたいと確信。ハワイに来られない人にも気軽にハワイを知ってもらうきっかけになる商品、また、ハワイアン生地では普段着るには派手すぎるといった声から、エブリデイグッズ、誰にでもいつでも使えるもの、ということから、日本で昔から馴染みのある風呂敷に着想を得ました。

風呂敷自体、エコな日用品としてヨーロッパではすでに認知度が高まりつつありますが、ハワイアン風呂敷が、更なる環境意識の向上につながるような、そしてハワイという文化を知ってもらえるきっかけになればと思います。

風呂敷ハワイでは風呂敷100枚売れるごとにビーチクリーニングの実施、1000枚売れるごとにより多くのボランティアの方々を募ってビーチクリーニングをすることを目標にしております。

是非皆様も、無理なく楽しくできる範囲でのご協力、ご参加で、より快適な環境づくりへ一緒に取り組んでいけたらと存じます。

furoshiki-wrap-02 - コピー.jpg
4-furoshiki.jpg

環境に配慮して裁断にもこだわった風呂敷

ハワイでは沢山の服が作られる中、実は大量の生地ごみが出ているのをご存じでしょうか。ハワイは島なので、ごみ処分に大変困っている問題が存在しています。

コロナを通して環境意識がより高まったからこそ、使う生地にも、制作側も最大限に敬意を払いたいということで、生地の破棄が最小限になるように裁断しサイズを決定いたしました。

ほとんど捨てる部分がでないように生地を使っておりますので、各サイズに多少の違いがありますが、生地幅をベースに裁断しているためです。

それでも、使い勝手が良いように、大・中・小・極小の4サイズをご用意いたしました。

用途の自由と日本らしさ、自分らしさ

プレゼントの包装はほとんどの場合、捨てられる運命。一度は無駄に感じたことは誰にでもあるかと思います。
風呂敷であれば包装はもちろんのこと、レジャーシートや授乳ケープ、テーブルクロス、バッグなどに(再)利用もしていただけます。
小さいサイズの風呂敷はお弁当を包むのはもちろんのこと、テーブルナプキンやハンカチ、ヘアバンドなど、モノを包む以外にも楽しい使い道がいっぱいです。

​サイズごとに用途も変わります。

 

​また、「風呂敷」という文化は日本が誇れる文化の一つです。包む美しさ、折り紙のような芸術、送る相手へのおもてなしや配慮といった日本文化が詰まっています。そして、ハワイと日本は深い繋がりのある文化同士。アロハシャツでさえ、日本の移民が着物でシャツを作ったことも文化の一部となっています。ハワイには、おにぎり→Musubi モチ→Mochiなどといった日本語英語が多く日常的に使われています。色々な使い方を楽しみながら日本の文化を広げられます。

furoshiki-pineapple-wrapping.jpg
furoshiki-how-to-wrap_03.jpg

数量限定の生地の風呂敷

ハワイアン生地は数量が限定されていることはご存じでしょうか?ハワイアン生地の中で永遠に続いている柄はほとんどないに等しいです。毎シーズンごとに柄が新しくなるのでいつも新しい柄が楽しめますが、今ある生地が来年もあることはほとんどありませんし、再版されることはとっても稀なのがハワイアン生地です。

それなので、今買った生地が何年か経ったらビンテージになるということもあり得るのがハワイアン生地の醍醐味でもあります。

​当店では、数量限定にて風呂敷を作っております。今ある在庫がなくなれば同じものは作られません。

​主にアロハシャツやハワイアンドレスとして消費されるでハワイアン生地ですが、同じ生地を使って風呂敷とすることで、より長く、男女問わずより多くの方にご利用していただき、より長く楽しんでいただけたらと思います。

高級アロハシャツブランドと同じ手法を使ったオリジナル生地を使用

今後、現地職人の技などを取り入れた商品を展開していく予定。
ハワイのローカルアーティストの多くもまた新型コロナの影響により自身の作品をどのように発信していくか、頭を悩ませていました。
ローカルアーティストとコラボした生地デザインの風呂敷を販売予定。
Sig Zaneシグゼーンなどの高級アロハシャツの使われている生地と同じ製造手法のシルクスクリーンプリントの生地を使った風呂敷も準備中です。
柄になるスクリーンは、リバティハウスやプリンセスカイウラニファッションといったハワイのファッションブランドと縁深いブランドのヴィンテージ柄を使い、風呂敷にします。

2014-11-08 12.19.15.jpg
froshiki-back-pack.jpg

作る責任・3つのR

「もったいない」が世界に広がりつつある日本の文化。風呂敷もその「もったいない」文化の一部でもあります。ゴミを最小限にする活動に広がることはもちろんのこと、当店ではSDG’sの取り組みにも配慮をしてまいります。

​まずは自分からの取り組みを通し、広げてまいりましょう。

Reduce (資源削減)
Reuse(再利用)
Repurpose(再使用)